ここでは Twitterがどんなサービスなのか、実際の活用事例なども交えつつ紹介しています。

Twitterとは

「今、何してる?」から始まった、シンプルな Web サービス

2006年10月に米国でスタートした Twitter は「What are you doing?(今、なにしてる?)」をひたすら更新していくという、とてもシンプルな Web サービスでした。 ユーザー登録をすると自分専用のページが作成され、そこからいま何しているかを投稿していきます。投稿された発言は特に設定をしなければ誰でも見ることができます。

何してる?に答えてく!
これは 2007年当時のホーム画面、画面構成もシンプルで言語は英語のみ、機能もあまり多くありませんでした。

投稿できる文字数は最大 140文字に制限されているので、長い文章などは投稿できません。ですのに「つぶやき」と表現されるように、短いフレーズで次々に投稿していく形になります。

最初のツイート
公開されている中で 1番古いものと言われている開発者のツイート。ここからツイッターの歴史が始まりました。

「いま、何してる?」から「いま、どうしてる?」へ。サービスの広がり

サービス公開当初は最大 140文字という小さな単位で投稿していくブログのようなサービスとして捉えられ、「ミニブログ」や「マイクロブログ」などと呼ばれていました。 その後、利用者が増えるにしたがって、メールやメッセンジャーなどと並んだ新たなコミュニケーションツール、そして今ではユーザーが誰でもリアルタイムの情報を伝えられるメディアの一種として、さまざまなシーンで活用されるようになりました。 開始当初の「いま、何してる?(What are you doing?)」というフレーズも、いまでは「いま、どうしてる?(What's happening?)」という表現に変わり、リアルタイムな情報発信ツールとしての側面が強く出されるようになりました。

2010年のホーム
2010年現在のホーム画面。日本語を含む 6ヶ国語に対応し、「いま、何してる?」から「いまどうしてる?」に変化。リアルタイムコミュニケーションツールとして進化しています。

コミュニケーションツールとしての Twitter - フォローで繋がる友達の輪

Twitter にはフォローという、これだけでは単に独り言をつぶやくだけのサービスですが、Twitterには フォローという、mixiの"マイミク"のように、他のユーザーを友達のように登録する機能があります。他のユーザーをフォローすると、自分以外のユーザーの発言を自分のページに表示させることができます。 フォローするユーザーを増やしていくことで、「駅前のカフェでコーヒー飲んでる」「仕事中。忙しい!」などといった色んな人の発言が次々に流れてくるようになります。

さらにこの発言に返事をすることができ、「そこのケーキおいしいよ!」とか「お仕事がんばって!」などと話しかけることもできます。 この返事は他のユーザーからも見ることができるので、さらにそこから大勢で会話をするような形に発展していくこともあります。

Twitterは文化的に誰でも自由に フォローしたり、外れたりしてよいということになっているので、見知らぬ人でも比較的気軽にフォローすることができます。 こうしたゆるやかなつながり、自然発生的なコミュニケーションが Twitterの魅力といえます。

また、短い断片で必要なないようだけを比較的リアルタイムで相手に内容が伝えられるという点から、メールやメッセンジャーよりも気軽なコミュニケーションツールとして活用されたりもしています。

メディアとしての Twitter - リアルタイムで伝わるニュースや話題

Twitter は世界中でユーザーが増えていくにつれ、そのリアルタイム性の高さにも注目が高まってきました。 2009年 6月現在、全世界で 3700万人ものユーザーに利用されており(*1)、様々な国や地域からつぶやきが投稿されています。 そのため、どこかで事件や出来事が起こると、そのニュースについてのつぶやきが一斉に投稿され、フォローのつながりから全世界へと広がっています。

2009年 1月にアメリカ・ニューヨークで起こった飛行機の不時着事故では、その第一報がいち早く Twitter で投稿され(*2)、大きな話題になりました。 また、2009年 6月のイラクの不正選挙問題では、マスコミの報道規制が敷かれる中、Twitterが貴重な情報収集・発信源として活用されたほか、民主化を訴える抗議活動も Twitter上で行われました。(*3)

日本でも、たとえば地震が起こると「地震だ!」という発言が次々に投稿され、ニュース速報よりも早く地震の第一報が伝わります。

このように実際に事件の現場からの投稿は既存のテレビやニュースサイトよりも早く、そしてすぐに広まっていくため、Twitter は新たなメディアとしても注目されています。

政治家にミュージシャン・・・著名人も続々参加

Twitterを活用する著名人も増えてきています。ミュージシャンの広瀬香美氏(@kohmi)や坂本龍一氏(@skmt09)、政治家の逢坂誠二氏や橋本岳氏、 評論家の勝間和代氏(@kazuyo_k)に元ライブドア社長の堀江博文氏(@takapon_jp)などなど、続々と Twitter で つぶやきはじめています。 こうした著名人のリアルタイムの声を聞けたり、気軽にメッセージを伝えられるのも Twitter ならではといえます。

テレビでも取り上げられています

ネット上での注目を受け、テレビでも何度も特集が組まれています。

また、広告やマスコミ自体の PR などにも活用され、メディアとしての側面がますます注目されています。

使い方はあなた次第

繰り返しになりますが Twitterその手軽さや自由度が魅力のひとつといえます。 Followも Remove(Followをやめること)も本人の意思次第ですので、自分の使い方にあわせてコミュニケーションや情報発信を楽しみましょう。 ここでは、活用方法の例をいくつかご紹介します。

リアルタイムな情報収集ツールとして
上でも挙げたとおり、Twitterでは様々な情報がリアルタイムで伝わってきます。コンピュータ関係に限らず、ニュースや芸能、ゲームなど、話題の情報はすぐさま Twitter上に広がっていきます。こうした最新の情報をいち早くキャッチするためのツールとして活用することもできます。
情報発信ツールとして
逆に Twitter 上を活用して積極的に情報発信をしていく活用方法もあります。例えば自分のブログの更新情報や、何かに対する意見、いま注目している話題などなど...過度な更新はスパム的に見られて敬遠されてしまうこともありますが、うまく活用することで自分の情報をより多くの人に広めることができます。 また、個人に限らず、企業のマーケティングツールとしても注目されてきています。
コミュニケーションを楽しむ
Twitterには他のユーザーに簡単に話しかける仕組みがあるので、これを活用してチャットを楽しんだり、友達の輪を広げたりすることができます。
オフ会や勉強会に参加してみる
仲のいい友達が出来たら、オフ会に参加してみるのもいいでしょう。Twitter上では様々なオフ会や勉強会などが企画されており、時には「今夜飲まない?」的な突発オフも開催されることもあります。こうしたオフ会に参加してみるのも、楽しみの一つといえます。

ここに挙げたのは、あくまで著者の主観による一例です。他にも色々な楽しみ方があると思いますので、あなたのスタイルにあった使い方を見つけて楽しみましょう!

「Twitter」の意味と読み方

「Twitter」とは「さえずる、ペチャクチャしゃべる、クスクス笑う」という意味の英語(動詞)です。また、発音は「ついったー」、それっぽくいうなら「トゥイッター」となります。
Twitterは動詞なので、Twitterをする人、Twitterユーザーは「Twitter-er(ついったらー)」になりますが、日本人ユーザーの間では「ついったったー」と呼んだりもしています。

日本語版について

Twitterはサービス開始当初は英語版のみが提供されていましたが、2008年1月に日本のデジタルガレージとの提携が発表され、同 4月には日本語版が公開されました。 そのため、現在は一部のページを除いたほぼすべてのページを日本語で使うことができます。(この解説ページでは英語版の画像を使っています。)
なお、日本語版と英語版はどちらも同一サーバ上でサービスが提供されているので、日本語版、英語版双方のユーザーが同じ環境で利用することができます。

日本語版に関する情報は @twjブログ上で見ることができます。

ちなみに 2008年 2月現在、日本のユーザーは Twitterの全利用者中 2番目に多いユーザー数(全体の約1/4)を誇っています。(Twitter公式ブログより)

Twitter 関連書籍

Twitterに関する書籍も増えてきました。より様々な視点から Twitter を知ることができます。

さらに Twitter 関連の書籍をお探しの方は アマゾンで検索 してみてください。

続いて、Step1:基本的な使い方では、Twitterの登録から基本的な使い方までをご紹介します。

↑目次へ